楽天モバイル

余らせるな!楽天スーパーポイント設定は?楽天モバイル月額料金を0円を目指せ!

ライフカード

楽天スーパーポイントを携帯料金にあてられず困っていませんか?

支払い方法、設定をきちんと行えば楽天スーパーポイントを毎月の楽天モバイルの月額料金に充ててポイントを循環させることができるのは知ってますか?

 

実践すれば、少しでもスマホ代金を抑えることができます。

この記事では、楽天モバイルの月額料金に楽天スーパーポイントを自動充てて、

余ってしまうスーパーポイント活用する方法を紹介していきます。

 

記事を読み終えたら、楽天スーパーポイントを無駄なく活用しましょう!!

 

楽天スーパーポイント利用方法とは?

楽天スーパーポイントは、

楽天市場にて買い物するときに使ったり、旅行の予約を楽天トラベルで行ったりなど、

楽天が提供するサービスを利用するときには活用できるポイントになっています。

楽天スーパーポイント活用場所

画像元:楽天ポイントクラブ

今回は買い物をせずとも、旅行をせずとも、毎月かならず支払いをする

「楽天モバイルの月額料金」

にポイントを毎月自動的に使う方法を伝えます。

ポイント利用する条件とは?

貯まっていく楽天スーパーポイントを毎月の料金に自動で充てるには、楽天モバイルで設定が2つ必要になります。

楽天モバイル側でスーパーポイントを毎月の料金にあてる設定

楽天モバイルの料金支払をクレジットカード払いかデビットカード支払いにする

楽天モバイルを新規で申し込み予定の人は、

申し込み途中にて、

お申し込み時に、お客様情報入力画面の「楽天スーパーポイント口座番号」→「利用方法」で、お支払いで使用するポイント数をご入力ください。
設定方法は「全てのポイントを使う」、もしくは「一部のポイントを使う」の2種類です。

参考:楽天スーパーポイント支払い

こちらで設定すれば、自動的に毎月貯まるポイントを楽天モバイルの毎月の費用に充てられます。

すでに楽天モバイルを使っていて設定を行いないたいのであれば、

メンバーズステーションの「会員メニュー」→「登録情報・設定変更」→「楽天スーパーポイント支払い設定」から設定できます。
設定方法は「一部のポイントを使う」、もしくは「全てのポイントを使う」の2種類です。

参考:楽天スーパーポイント支払い

月額料金よりポイントがあるときには、毎月の携帯代金が0円になりますね!

 

また月額料金の支払い設定を、

「クレジットカード」or「デビットカード」支払いにしないと、

楽天スーパーポイントを月々の携帯料金には充てられません。

支払い方法も設定ができているか確認してみましょう。

口座振替で支払いしている人はデビットカードの設定をしましょう。

 

デビットカード支払いの注意

デビットカード支払いに関して注意があります。

支払いに設定ができるのは、

「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」

この2種類になります。

 

すでにスルガ銀行デビットカードを持っているのであれば、活用したほうが楽ですが、

「楽天銀行デビットカード」であれば、楽天カードと同じように利用料金の1%が楽天スーパーポイントで貯まっていくのでおすすめになります。

口座振替の注意

口座引き落としに設定するとデメリットがいくつかあります。

最大契約2契約まで(通常5回線)
毎月の引き落とし100円の手数料
楽天スーパーポイント支払い対象外

この3点が口座引き落としのデメリットになります。

契約の回線数は、家族複数回線持ちたい人以外はデメリット要素としても低いですが、

引き落としのたびに手数料がかかることと楽天スーパーポイントが利用できないことは大きなデメリットになるので気をつけましょう。

 

手間がかかっても楽天銀行デビットカードを作ってしまうことをおすすめします。

 

Sプランを毎月支払い0円にする生活費

楽天スーパーポイントで毎月の楽天モバイル利用料金を安くするために、

どのくらいの生活費用がかかっていると、0円になるのでしょうか?

 

生活費を楽天カードにまとめる

生活の様々な支払いを楽天カードでまとめる
楽天モバイル通話sim利用ポイント還元2倍
楽天カード利用ポイント還元2倍
楽天会員ポイント還元1倍

楽天市場での買い物は楽天モバイル契約と楽天カードで5倍の還元が受けられます。

また、様々な支払いを楽天カードでまとめると、100円につき1ポイント貯まります。

支払い設定を楽天カードに

普段の携帯代金や光熱費など生活で最低限かかるものを楽天カードで払うと100円につき1ポイント貯まることから、支払い設定はすべて楽天カードにまとめます。

貯まったポイントは自動的に毎月の携帯料金にあてます。

生活費でどのくらい必要?

想定の状況は、1人ぐらしで考えましょう。

  • 光熱費→約10,000円
  • 固定費用(ネットや携帯代金)→約7,000円
  • 食費→30,000円
  • 娯楽費→20,000円

おおよそ現金以外で払える毎月の費用を楽天カードで決済した場合、

合計67,000円支払いしたときには、670pt貯まります。

少しだけ生活に工夫して、楽天市場で飲み物や生活雑貨品を購入して10,000円ほど使ってみましょう。

5倍の還元になるので、500ptこれで楽天モバイルのSプランがぎりぎり0円に近くなります。

生活費で10万円程度支払っているなら楽天カードにまとめて支払い設定するだけでかなりのポイントでスマホ代が安くなるかわかったでしょうか?

日々の生活に役立てましょう。

小技:居酒屋の予約は「ぐるなび」を活用

居酒屋の予約など、なにも考えず、毎回ネット検索して使っていませんか?

 

実は…ぐるなびから予約して、みんなで居酒屋とかランチにいくとポイントが貯まるのです!!

ぐるなびポイント画像

普段の飲み会でも、事前に予約していくとポイントが貯まるので活用したいですね。

来店して、居酒屋使うだけでも400ポイントも貯まっているので、飲み代も少しは安くすみますね!

こちらの記事もおすすめ!